残業能力開発促進法とは?

職業能力開発促進法(昭和44年7月18日法律第64号)とは、職業訓練や職業能力検定(パソコン検定など)の充実強化をすることで、労働者の教育訓練、職業能力検定の機会の提供などを促進することを目的として制定された法律です。つまり、働く人々の有する技能の程度を検定する国家検定制度です。

まずは会員登録!簡単1分で登録OK

副業・求職者様向け

あなたのご要望をもっと教えてください。
デジタルマーケティングに長けた専門エージェントがあなたのスキルや働き方にマッチする副業案件や求人をご紹介します。
※専用フォームへ移動します。

求人企業様向け

デジタルマーケティング人材の採用、業務委託を依頼したい企業様は以下の求人登録ボタンより求人登録にお進みください。
後ほど、担当者よりご連絡いたします。
※株式会社ツギノテのウェブサイトへ移動します。

次の記事

管理職とは?