法定外休日とは?

法定外休日とは、労働基準法(昭和22年4月7日法律第49号)で定められている毎週1日または4週間を通じて4日という基準で、労働者に与えられなければならない法定休日以外の休日のことです。例で挙げると、1日8時間勤務の場合は週に5日の勤務で40時間に達します。 残りの2日は休日となりますが、そのうち1日が「法定休日」となり、あとの1日が「法定外休日」となります。

まずは会員登録!簡単1分で登録OK

副業・求職者様向け

あなたのご要望をもっと教えてください。
デジタルマーケティングに長けた専門エージェントがあなたのスキルや働き方にマッチする副業案件や求人をご紹介します。
※専用フォームへ移動します。

求人企業様向け

デジタルマーケティング人材の採用、業務委託を依頼したい企業様は以下の求人登録ボタンより求人登録にお進みください。
後ほど、担当者よりご連絡いたします。
※株式会社ツギノテのウェブサイトへ移動します。